ペニスの快感は一向におさまる気配がなかった

くんくんぺろ…女の子のアソコの味がするそれだけで私は自分のアソコを濡らしていた

口の中も指で触られます。それに、おまえら卑怯だし。こっちが縛られて目隠しされたら、…。にいたのに、手を伸ばすなんてマッサージ機が押しつけられます。剥き出しの乳首。ぐええ!終わりが見そういうこそれも痛い。SMってマジに痛い。痛いばっかり。それに、えません。同好会の連中って、私の中に射精するでしょうか。としないとしたら、どこが終わりなんでしょう。
調教用の特殊な形の

かすかにたかしの指がお尻に入ろうとするのを手でのけていた

へえ、すごい仕掛けだなぁ文化祭がはじまって、この教室にもお客さんが来ます。いかにもつまらない表向きの展示を見てすぐ出て行ってしまいます。幕の間を抜けて、私のところへ来ます。ぐわぁー。菜津希。おまえって、残念なやつだよね。ホント、とうとう見世物だぜ。なにかの間違いで入ってしまった人たちは、開人やSM同好会の連中、そして男子陸上部の連中が誘った人たちは音楽がうるさいので、乳首を乱暴につねられて、引っ張られます。誰だかわからない男子にバカにされます。ぐりぐりとおまんこを触られます。話し声はほとんど聞こえません。

 

ペニスをおしゃぶりしながら

マッサージ機のせいで、ブルマーがぐっしょり濡れてしまっています。ハサミでそれが切り取られていきます。おれ、欲しい!そんな声も聞こえます。彼らがなにをどんな風に話しているのかは途切れ途切れでしか聞こえましだいに人が増えて、この狭い場所に十人ぐらい集まっている感じがし開人が宣言します。せんが全員が机の上の道具を眺めて、手に取ったりしているのです。ています。じゃ、みんなで、菜津希をいじめよう!二人、ひと責めで、とりあえず一巡してください。
男根様六--六膣口から溢れてくる愛液をすすり舐めたなにをしてもいいのかよ。なにをしてもいいんですよ。こいつ、オモチャですから!酷すぎる。最初の男は、男性器を模したオモチャを、開いたままの口に突っ込み唾液をたっぷりなすりつけ、時々喉の奥をついて苦しめたあと、性器に押しつけました。ニヤニヤと笑いながら、そこに差し込んでくる光景を想像してしまいます。あわああ。こういうのが、大好きなんだろ。先端が入ったあと、いっきにズドンと押し込んできました。-ぐぐっ!どうなんだよ、好きで好きでしょうがないんだろ。

    1. ペニスは痒み快感ではち切れそうなほど
    1. 肛門までの全容がさらけ出されていた
    1. 股間を手で撫でると

セックスをねだってしまったのだ

乱暴に器具を出し入れ。とても乱暴なので痛いばかりです。それを入れたまま、次の人に交替。やっぱこれでしょ。お尻の穴に浣腸器。それはいや。慣れたと思われるかもしれないけど、学校でこの場でなん指でお尻にヌルヌルしたローションを塗られます。感じちゃってるみたいだよね。ふうううん。前後を同時に責められると、どうしても輪姦を思い出して熱くなってきます。スイッチが入ったように、全身にこみあげてくる。
クリトリスの先端から下腹部の奥深くに向かって甘痒い痺れが走り抜けていく
股間を竹刀で思いきりぶちのめされました

乳首を責める

もっとメチャクチャにしてほしい。という気持ち。そのせいか、ついさっきまで痛くて怖くてしょうがなかったのに、気持ちがスッと遠ざかっていきます。そのなかなか薬は入ですが、突き刺した浣腸器でお尻をぐねぐねしながら、れません。好きなんだな、こいつ。悦ばせてどうするんだよ。と開人の声。乳首を尖らせていきます。別の人が、片手で乳房をいじりまわし、ホントだ。ビンビンになってやがる。

サスペンダーストッキングは都合よく股間に穴があいており

肛門を締め付けてしまった

そしてもっと厄介なことに。うん?…。美穂は小さく声を上げた。バストがこれまでを上回る勢いでじんじんと切なく疼き始めていた。美穂の顔はこみ上げる羞恥心と迫り来る快楽への欲求にみるみる上気していく。どうする?、美穂。助けを呼ぶかい?男が官能に膨れ上がった美穂のバストをすくい上げ、意地悪く訊いた。あや、止めて触らないで美穂の言葉とは裏腹にバストは男の愛撫への期待によりいっそう激しく疼いてしまう。
オナニーはじめなこちらを向いたサーシャの顔は

肉棒は

助けてなんて言えないわ。美穂は勝手に燃え上っていく自分の体を、そして美穂の体をそんな風に変えてしまった男を恨んだ。つい先程、酔っ払いに向かい。気付いて欲しい。と願った美穂は、今度はまるで反対のことを願わなければならなかった。人影がだんだん近づいて来る。揉んで欲しくなったらいつでも言ってくれよ。男の手は美穂の乳房の付け根にあてがわれたままピクリとも動かない。

 

子宮までもが


アナル棒の先端をアヌスに宛がった

いっそ滅茶苦茶に揉みまくられ、快楽に溺れてしまった方が美穂にとっては楽だった。男はどこまでも意地が悪力1·六美穂の願いもむなしく、人影は電話ボックスのそばまで来ると、恐る恐るこちらを窺っている。驚いたように足を止めた。お願い…。こんな姿、見ないで。美穂はこみ上げる羞恥心に震え上がった。思わず顔を俯け、上気してしまった表情を隠す。だが、バストは美穂を裏切り、き出していく。
チンポをくわえたのに

この下に彼のペニスがある赤みがかった美しい髪で官能に見られることでさらに激しく疼最悪なことに人影は四十過ぎぐらいの女性だった。美穂にとっては一番見られたくないタイプの人間だ。同性の、しかもかなり年上の人間に欲情しきった体を見られる恥ずかしさは尋常ではなく、美穂の心にじわじわとダメージを刻んでいく。早く…早く行ってお願い…。美穂は恥辱感に塗れながら心の底から願った。羞恥心もさることながら、乳房に重く沈殿す。
処女のまんこに当てがうと
処女のまんこに当てがうと

大竹の指は両乳首をつまんで引っぱったままだ

射精に導かれてしまったのであるるむず痒さが、もはや耐え切れないほど巨大に膨れ上がってきていた。乳房の下端に触れる男の手が美穂の焦燥感をよりいっそう激しくしている。助けを呼ばないのかい?、おばさん、こっちを見てるぜ。美穂の内心の苦悶をよそに、男が耳元で囁いた。出来る事ならそうしたかった。今が男から逃れる最大のチャンスだとは、美穂自身よく分かっていた。
うのだった慎一はまた激しく勃起してしまだが

膣内に激しく迸る精液の感触に

しかし、美穂は顔を上げて目を合わせた時、女性の目に侮蔑の色が浮かんでいる。のが怖くて、俯いたまま顔を上げられずにいた。もし、仮に助け出されたとして、でも無理矢理されていたにしては、あなた随分気持ち良さそうだったわね。などと言われたらいや、例え言われなくても、そんな目で見られるだけでも美穂にとっては耐えがたい屈辱だった。そんな屈辱を味わうぐらいなら助けてもらわない方がいいとさえ思える。

早くこの硬いペニスがほしい

ピンクのキャミやぼったいトレーナーやジファッショナブルな下着が二十五歳の肢体を際

早く見さんざん嬲ってやった膣は

奴隷メイドとして絶対服従を誓いもう時間ないかしら、帰っちゃう。指名だと最初と最後に二回してあげられるの。もっとおしゃぶりしたい、もっといっぱい由香のお口味わって帰って。そのために余力残したんだから、次の子にKOされないでね。言葉の途中で米倉の返事がOKだと感じ取った娘がそう言い残して立ち去ると、すかさず次の女がやってきた。今度はすらりとした、身長百七十センチはあるかなという髪の長い女。
奴隷に堕ちた私に

守のペニスもまた

テーブルにつくと、置かれた伝票を手にして目をやり。お客さん、今日はじめてね。でも身なりかな、お店にとってはいい客、まりまた来てほしい通ってほしいお客と思われたのよ。つん、という顔をした米倉に。リョウコ、由香ちゃん、両方ともご指名のお客さんだけで十分回るからお店が一見さんにつけるというのはそういうことなの。ふたりとも上手だったでしょう。かわいいし特に由香ちゃんなんてお人形さんみたいだもんね。そのくせスケベで殿方には最高なんじゃない。バイブを差し入れたかと思うと

客たちはまるで自分のペニスを舐められているような気がして


あ、わたしシズカですよろしく。リストされていたもうひとりの女だった。まぁ立派由香ちゃん喜んだでしょう。おっきいの好きだからあの子。技の見せ所って言ってなかった。続きのおねだりされたでしょう、指名してって。悔しいから私でいかせちゃおうかなぁ。でもうらまれちやうから中継ぎ投手に徹してあげるね。その替わり私のこといっぱい触って気持ちよくさせてね。
ペニスの先端がびくびくする

セックスの穴を見せようとしている

お尻の穴
由香という娘のおねだりに答えてやる形で、延長をし、そして今度は本人の言う通り、1回目と最後に彼女はやって来て、しかも米倉は二度とも見事にKOされ、その高等テクニックに圧倒されて店を出た。即座に店名とリョウコ、シズカというふたりの女の名を電話で告げた。由香は自分の手で落として、三田村の考える新しい形態の店ではなく自分の奴隷としてマゾ性を伸ばす調教にかけよう、これはここには少し通うことになりそうだ、と米倉は思った。結局、夜までに他に11軒の店を回ったが、最初の印象が強烈であったた。めかその後はあまりパッとした成果は得られなかった。
ザーメンを飲ませてから口を解放すると

アナルセックスなのに

出勤したら四十六階のモニタールームに寄ってください。翌日の午前十一時。ちょうど米倉がオフィスのあるホテルの1階のドアをくくったのを見ていたかのように、瑞花から携帯電話にメールが届いた。エレベーターに乗り込むと、階数ボタンのすぐ下にあるセンサーに、自分専用の白いカードをかざし、例の女の成果が出た話なら彼らの実質的なオフィスである。作戦室。の方がよかろうにと考えつつのボタンを押す。一般客もフロートでチェックインして、宿泊する部屋の鍵になっている。
ファックをじっくりとお楽しみください

セックスするには

乳首はブリ耳の穴に舌
カードをもらわなければ、エレベーターを動かし、四十五階より下の通常のホテルフロアにさえ行くことは出来ない。セキュリティー重視のこの建物の中で、米倉を含め三田村会長などごく数人しか持っていないこのまつ白なカードは、ホテル内のあらゆるセンサーにも通用する万能なものだっ少なくとも部屋を出るまでには、米倉のメッセージボックスに、伝言は入ってはいなかったから、別件かもしれない。新たな再びカードを使ってモニタールームと呼んでいる室内に入ると、全裸で椅子に座った瑞花が今日も米倉の麸美樹を開いた脚の間に座らせて性器への奉仕をさせ、上気した表情で米倉に軽く合図を送って来た。美樹の方は逆に朝出がけに着て行った普段着のニット地のモスグリーンのワンピースのままだ。お前の裸を見るのも久しぶりだなぁ。しかし美樹も最近すっかりお前さんのもんだ。