ザーメンを飲む事が出来ず

康介は身体を硬直させながら見瑞穂はやや大きめのタオルでバストから股間を覆っていた

金男の手が剥き出しのお尻を撫でて、指が股間に入り込みます。しっかり吊革につかまっていないとだめよ。シェリーに言われて、両手で吊革につかまります。金男の指はお尻の中の器具をつまんで、ゆさぶりはじめました。電車の振動、揺れと彼の刺激で、わたしはまたしても、熱くなっています。ただの色狂いってことになるわね。周囲の乗客たちが聞き耳を立てているのは明らかです。
まだ妊娠したことのない人妻が

女子高生みたいなロリっぽい白の木綿ベンツをずらして美沙さんの指が大事な箇所に潜り

この写真、なわみで検索するとすぐ見つかるのよ。言葉も出ません。もう引き返せない…。はああ。とまたしても、切ない声が出てしまいます。恥ずかしいわよ、電車の中ででも、でも…。金男の指が激しく股間から突き出ている貞操具を揺すっているのです。立っているのも困難で、なんとか吊革にしがみついている感じ。

 

バイブのスイッチを入れてくれたのでした


騎乗位開始

前の席に座っていた男性が、嫌悪の表情で立ち上がりました。ほら、怒られたわよ。とシェリーがそこに座ります。そして、コートの上から乳房を掴みました。少し大きくなったんじゃないの?モデルの頃よりはなってるんだわ。きっと、大勢の人に揉まれて大きく露骨な言葉に、周囲にどんどん空間ができています。はぁああんんん身をよじりながら、恥ずかしさと悔しさの中で、快楽に浸っているのですから、たしかに浅ましい限りです。
動けないようにされてエッチなことをされる

出っ腹の下の肉棒はもう半勃ちやっと自宅近くの駅に到着して、改札を抜けたのですが、リと挟むようにして歩きます。ねえ、シェリー、どうして一緒に来るの?あら、哲次さんに招待されたのよ。そうよね、哲次さん。シェリーと哲次はわたしをピッタ馴れ馴れしいシェリー。わたしの記憶をどうひっくり返しても、哲次とシェリーの接点はありません。わたしと出会った頃の哲次は、仕事柄、多数のモデルやコンパニオンと接点があったと思います。
これでは単にオナニーの道具にされているようなものだ
これでは単にオナニーの道具にされているようなものだ

ツンと尖った乳首を硬くさせながら

拘束されている時が番可愛いよお嬢ちゃんでも、そこにシェリーはいません。もし接点があるとすれば、結婚式ぐらいでしょうか。シェリーはわたしたちの結婚式に読者モデル時代の友人たちと一緒に来てくれました。深夜の住宅地マンションにようやく着きました。エレベーターで四人。それはわたしにとっては、とても異様な感じです。電車の中で感じまくりやがって。と金男が言います。
お尻の 穴を丸出しにしてのバック

アナルに指がブスリと突き立てられた

あら、奥様、恥ずかしいわ。とシェリ。こいつに恥ずかしさなんてないんだよ。丿1夫の、”D葉は厳しいものでした。こいつ。と照れて言うことはあったと思います。だけど、今日はそうではなく、本気で蔑んでいる響きがありました。でも、いい宣伝になったぜ。これでなわみの会員が増えてくれればいいわけだ。近くにいた野郎とか、顔じゃ嫌そうにしていたけど、ズボンがパンパンに突っ張ってたからな。

お尻に入れた指をしゃぶります