汚いところですが入ってください紀雄は一歩引いて彼女を玄関に入らせたひょいと室内を

射精に導いてしまった姉さんに

やるしかないのよ!亀頭をひと息に口に含んだ。口を大きく開き、んぶっ!息がつまる。むぷつーぐんむむむぅぅ!自ら口内に入れた亀頭は、圧倒的な存在感で理紗を打ちのめした。駅前トイレで、未踏の膣に、獰猛な肉棒を打ちこまれたときと同じだ。身体全体が巨大な男根でいっぱいになり、内側からはちきれる圧迫感に襲われる。
男根様六--六

下着をはいているのです

亀頭を咥えてしまえば、なんとかなる、と理紗は思っていたが、息苦しいばかりで、愛撫など到底不可能だ。顔をしかめて、亀頭を吐き出そうとする。そこへ、喜四郎の命令が響いた。出すな。そのまま亀頭全体を咥えたまま、パイズリをつづけるんだ。を刺激することも忘れるな。うっ、んんん、おんつー!ああ、わたしが苦しむ顔を、見たいだけなんだわ。

 

絶えず送り込まれるオーガズムの小泡が

乳首高熱の肉塊で口をふさがれたまま、左右の乳首をつまんだまま、肉幹ヘの豊乳奉仕を再開する。自身の両手と喜四郎の勃起に挟まれた乳肉を強くこねると、すぐさま甘美な快感に身も心も呑まれた。自然と乳首を嬲る指にも力がこもり、ますます自分の悦楽を燃え上がらせていく。んん、んふっ、うつんん!同時に、呼吸が荒くなり、口内をふさがれている苦しみが増した。息を吸っても、吐いても、舌や口蓋や頬の内側を突く亀頭の存在感が膨張していくばかりだ。
って下着を着られていたら……のくらいは愛撫の指示を出しているようだった喉だけでなく、鼻につながる気管まで圧迫される気がして、息苦しくてたまらない。あ、ああ、また、あのときと、同じだわ。口をふさがれる苦痛と乳房オナニーの快感が混濁する感覚は、処女を奪われたときとよく似ていた。破瓜の苦痛に苛まれながら、同時に胸やクリトリスを刺激されて快楽を味わわされたときの鮮烈な記憶が、意識と肉体に甦り、現実の感覚と入り混じった。現実と記憶が大きな渦を巻いて、理紗を振りまわす。苦しいのに気持ちがいい。苦しいけれど快感だ。

    1. 奴隷として守男に売られてしまう運命なのだとはまだ知らない
    1. 膣が名器に変換されてもぞもぞと表現できないような非日常的な恍惚感を味わえた
    1. バイブを水洗いしてるとドキドキして切なさと愛しさが胸に込み上げ

歯をくいしばって痛みと快感のまざった強烈な感覚に耐えますお尻の棒と膣の棒

苦痛と快感はひとつになり、より大きな悦楽へと理紗を追いつめる。出して!ああ、早く出して!理紗には、男が射精に至る段階などわからない。口内の亀頭に顔を固定されて、喜四郎の表情をうかがうこともできなかった。ただ舌や口内粘膜に押しつけられた男の凶器が、動を、はっきりと感じ取っている。わたしが、絶頂してしまう前に、あうううつ!
すでに完全勃起した怒張にはまったく効果がなかった
こんな場所でこんな真紀を真似ていやらしくペニスを舐めまわした

子宮が大声でわめき散らしているかのようだった

心臓のように脈打つ鼓それまでただ頭に乗っていきなり、口内の亀頭が跳ね上がった。いや、いるだけの喜四郎の手が、下へ動いたのだ。口内の奥に亀頭が激突して、今まで以上の激痛が走る。ら猛烈な勢いで、白い粘液が噴出した。んんんんんぷぷぅぅうっ!同時に、鈴口か精液が喉粘膜にぶつかり、白濁の奔流と化して、わった。舌も、健康な歯の列も、男の排泄液に沈む。おううぷぷぷうっ!口いっぱいに跳ねま口の中で荒れ狂う洪水に流されて、理紗は無意識に乳首と乳房を力のかぎりに握りしめた。