バイブレーターを手に取リました

さきほどまでさんざん味わったペニスを手でいらってる

セックスで挿入されると付き合うからには絶対服従だよ。まだ、お付き合いするかどうか解りません。絶対服従できるかどうかも解りません。生意気なメスだ。そんなこと言ってると、いい御主人様に出会えないよ。失礼な人だ。そういう時にはすぐに退室することにしている。見ず知らずの男性にだれに対してもMになれるわけではないきなり御主人様になってやろうというのは、違うと思った。
チンポをくわえたのに

股間に枝を打ち下ろしていったのです

信頼関係も育たぬうちに服従できるはずもない。この人に付いていきたいという想いがなければ、奉仕する気持ちも湧かない。裕美が独身であること、若くはないが三六歳という年齢が子供でもなく、熟女というにはまだ早いSM適齢期とでもいうのか、SNSでは毎日のようにメッセージが届くし、チャットをすればすぐにでも会いたがる男性がほとんどで、今まで生きてきたなかで、こんなにモテたことはなかったなぁと一人苦笑してしまう。それだけS男性に比較してM女は少ないということなのか。仲良くなったM女さんとも、待ち合わせて一緒に食事をするようにもなった。ベッドの反対側から康子が覆いかぶさり彼の乳首を吸い

肛門内部で膨らむ最新式だ


経験豊かなM女さんは、いろんな体験談を話してくれる。土曜日の夜に洒落たイタリアンレストランを予約しておいた。にこやかに手を振りながら現れたのは、パンツスーツの似合うスタイルの良いキャリアウーマンという感じの素敵な女性だった。なんと政治家の秘書をしているという。杏子と名乗り、歳は四十歳。ワインで乾杯して、隣の席に聞こえないように、人にはあまり聞かれたくない話をたくさんしてくれた。
動けないようにされてエッチなことをされる

下着を身に着けることも出来ず

夫とのセックスの回数は目に見えて減っていた
SM嗜好の人って、気の抜けないストレスの多い仕事をこなしている人、たとえば教職に付いている人、看護師さん、お医者さん…そういう職業の人が多いという。なんと杏子は付いている政治家と不倫の関係でSMを楽しんでいるそうだ。出張先にも当然どこにでも付いていくので男性秘書がほとんどなのだが、独身の杏子は男性並みに仕事もこなし夜の相手もする。なんだか羨ましいと感じる裕美だった。政治家と知り合う前にはいろんな経験もしてきた杏子は危ない目にも何度かあったのよとあっけらかんと話してくれた。二十代後半でSMを始めた頃のこと、まだ何も知らない世間知らずな杏子は知り合った男性に調教だと言われ、ホテルに見知らぬ男性を四人も呼ばれ、その男を含め五人で輪姦された。
奴隷の格好である

その証拠に今こうして夫に愛撫されても

乱暴な扱いこそされなかったが、ベッドに拘束され全員に奉仕を強要され、代わる代わる犯された。SMとは、こんなこともするんだ…大人なんだから楽しめばいいんだと自分に言い聞かせ、楽しんでるふリをしたという。そんな、酷い事…事前に知らされてなかったの?うん…教えてくれなかった。教えたら輪姦の醍醐味が薄れるだろうって…。酷い話ね…その後はどうしたの?別れたの?うん、二度と連絡取らなかったわ。でも…会社を知られてたの。
身体を起こした篤志は下半身だけ裸になると

股間を捩らせ

二人の奴隷にとって
自宅は知らせてなかったけど、仕事が終わると迎えに来てくれてたからね。会社に電話があったり、待ち伏せされたりしたわ。恐怖を覚えて警察に言おうかと思ったけど…会社に知られるのも怖くて辞めちゃつた。なんてこと。でもね、秘書の資格を取って、今の仕事にもありつけたのよ。お給料もいいしね。杏子さんが今幸せならいいけど、そんな男許せないわね。

肉棒の幹を遠慮なしに握った

調教に関しては一目を置かざるを得ません

ペニスを受け入れる20人近くはいるだろう。どの女も美しかった。簡単な紹介が載っている。しほ新婚6ヶ月。24歳。元00商事勤務。夫00商事。趣味·ピアノ·日舞。××年度準ミス-大。みどり結納済み。25歳。M銀行勤務。夫M銀行。趣味·ピアノ·料理××年度ミスK。きょうこ結婚8年。30歳。
ペニスの先端がびくびくする

あの チンポだけじゃ物足りないので

G大付属幼稚舎教諭。夫G大学講師。趣味·ラクロス·社交ダンス。××年度ミス三都大学巡女達のプロフィールを斜め読みして素早くスクロールしていく。僅かに首を捻る牧野。おかしい、そんなはずは。しかし、和花の写真はない。ホッとするような、焦るような、番下まで来た瞬間だった。あゆみ。こ、これか?切ない牧野の横で、息を呑む気配がした。男根を扱き続ける

肉棒をハメたとき沙貴にハサミで穴を空けさせた


スクロールが一。あゆみ結婚4年。26歳。警視庁交通監視員。夫警視庁刑事。趣味·合唱。××年度ミスc大。顔写真そのものがボタンとなって、さらに階層が掘ってある。良くある作りだ。思わず、あゆみ。と書かれた顔写真をクリックしようとして、右手が止まる。恐る恐る、横に目を向けた。脇からのぞき込んでいるリキの視点が、その写真に固定されて。そうか、これかリキを見ると、まるで恐ろしいものを見てしまった人間のように、視線を泳がせている。
ザーメンを飲む事が出来ず

乳首がつんと上を向いたなかなかの

小さなクリトリスを集中的に攻めてくる
ボタンを押せば、何を目にすることになるのか。もはや、リキにも、そして、牧野にもわかりきっていた。バキッ小さいわりには、乾いた派手な音を立てて、リキの手元から鉛筆だった物の破片が飛び散っていた。手帳を握り締めている方の手はワナワナと揺れ、ぎょろりとした目が、今にも飛び出しそうなほど見開かれ、画面に固定されていた。ウエディングドレス。わはは、いやあ、あの男。
学生時代に付き合っていたときキスまでしかできなかった七重が思わず見取れるほど色っ

股間に顔を埋めると

おまえのことが、よほど恋しいと見える。山鹿は、心から愉快そうだった。目の前では、ウエディングドレス姿で跪いた亜由美が、ストレートの黒髪を揺らしている。ここに来てから、既に4週間が経っていた。自慢のショートヘアが、1センチほど伸びたが頬がややこけたせいで、亜由美を知っている者なら、もっと伸びた印象を持つだろう。結婚してまだ4年。少しだけ胸と尻が大きあの白いドレスは少しも直さずに着られる。BカップがC幸せな新婚生活を送った花嫁にありがちな通り、独身時代に比べて、くなった、だが、リキとの幸せな門出の日に着た、いや、ドレスにありがちな大きく胸元が開いたデザインだけに、結婚以来、カップになった胸のボリュームは、一層強調されていた。
男根様に頬ずりするように奉仕するのもいいが

ペニスからも

射精させて腕をほどかれた
白い生地に映える、ウエディングドレス以上に真っ白い膨らみは、眩しいほどだった。モデル並みというより、そこらのモデル以上のスタイルを持つ亜由美だ。まさに花嫁の輝きが部屋を明るくしているかのようだった。しかし、その。の表情は、限りなく暗い。白い手袋は、新しく整えられたものだが、逆にその分だけ手触りが良い。真っ白いウエディングドレスの花嫁。は、でっぷりとした体躯を鷹揚にソファに埋めた山鹿の前に跪いて、スルスルと滑る手袋越しに、やわやわと、黒ずんだ男根を扱いていた。

奴隷に堕ちた私に

愛撫でイカされてしまいそう

まだ恭子さんは何らテクを使っちゃいないが、敏感な亀頭が彼女の柔らかい口腔の中を突き上げるだ。けで本当にトロけそうな心地良い戦慄が走り、ボクは思わず呻いた。もちろん仮性包茎の皮は自分でめくっており、とても臭いだろうと思うのだが恭子さんはそれが却って興奮していいの、と言ってくれる。事実ボクのペニスをくわえ込む時ウットリと目を閉じた恭子さんの表情はとても嬉しそうな幸福感に満ちており、すぐにクチュクチュと口を動かすと同時にオナニーに耽るイケない手の動きもせわしなさを増して、心地良いのか美貌が悩ましく歪んだ。恭子さんのオクチもオテテもボク専用で、いつも本当に幸せそうにボクの肉棒をしごきしゃぶり上げる彼女の愛情が伝わって来る至福のプレイだ。
彼女の体を愛撫することに集中していた君恵にとって

処女のヌードである

が、首輪を嵌められ正座したセーラー服姿で、と言うのは正直言ってヤバ過ぎる。おまけに制服の下に手を忍ばせた恭子さんも、本当に気持ち良さそうに目を細めてこの倒錯したプレイを楽しんでいるのだから。--よしよし、いい子だね、恭子。そんなに先生のチンチンが欲しかったのかい?君がイクのに会わせて、先生もタップリ出してあげるからね本当は年上だが、目の前のセーラー服を着た三十路美女を教え子だと妄想すると劣情が否応なく昂ぶり、ボクは激情のまま恭子さんの美しくセットされたセミロングヘアの後頭部に両手を回して抱え込むと、いわゆる。イラマチオ。の体勢で彼女の顔を乱暴に動かし快感を貪った。いつもは積極的な恭子さんに任せて、その素晴らしい唇や舌の感触を楽しんでいるのだけれど、彼女の方から提案して来たSMプレイらしく扱ってあげたのだ。

 

バイブを押し付け


膣穴に

すると不謹慎だが、恭子さんの姿がまだ男を知らないであろうありささんにオーバーラップしてしまい、ボクはたちまちありったけの精をドッと吐き出してしまった。--うう、ごめんなさい、恭子さん。ちょっと出し過ぎてしまったかも知れません射精を果たした男の習性で急速に冷静になって行くボクは、いつになく大量の放出に驚きそんな事を考えてしまう。そもそも彼女に対し挿入して中出ししてやれないくせに、ここで出してしまう事自体間違っていると思われるかも知れないが、それは違う。ボクのインポは完全に精神的なもので、肉体的には。ご奉仕。段階で発射してしまっても何ら問題はないのだ。
奴隷に堕ちた私に

ペニスがムクムクと勃起して恭子さんもそれがわかっているからこんなプレイを誘って来て、熱心におしゃぷりしてくれたのであり、事実口の端から出し過ぎてしまった精液をこぼしながら、残りをキレイに舐め取ろうとクチュクチュ。お掃除。に励む愛しい妻のおかげで、あんなに大量に出した直後にも関わらず、ボクのムスコはむしろさらに勢いを増した屹立を取り戻していたのである。せんせぇ!キョンタン、恥ずかしいわ…。ううん、恭子はイッテしまいました。ああ何と言う演技力だろう。ボクのペニスから口を外した恭子さんは、本心から恥ずかしそうにナヨナヨと正座の身を捩って見せる。いや、高校時代のセーラー服コスプレが彼女にも作用して、本当に羞恥心が蘇ってしまったのかも知れなかった。
3回目の射精です
3回目の射精です

子宮口をヌルリと

有希子の膣壁のざわめきが伝わってくるようだったどちらにしても、そんな年上妻らしからぬ可憐な恥じらいにますますいきり立ったボクは、込み上げる興奮に押し流されてこの倒錯したコスプレに没頭した。調べてあげるから、恭子っ!イケない子だね、いで先生に渡しなさい。自分で下着を脱。わかりました、せんせぇ。そんなセクハラ注文に恥じらいを見せながら大人しく従ってしまうのは現実の女子高生ではあり得なかったが、ボクはどうしてもありささんに嫌らしい悪戯を働いているような気分に陥って、危険な興奮を味わってしま。はい、せんせぇ。もしパ。ツが汚れていたら、恥ずかしいよぉ。ッもだぞ、お仕置きだからね。ああ…せんせえ、まずブラウスをはだけて外したブラジャーを受け取ったボクは、思わずその匂いをかいでしまったが、おかしなくらいドキドキしながら、パンツを見せるよう命令した。普段ならあり得ない新鮮な興奮でボクはますます。
フェラ画像~フェラチオをしてもらうことに~

ペニスと睾丸を触診してご覧なさい

夢中になったが、恭子さんも楽しんでくれてるだろう。立ち上がって恥ずかしがりながら後ろを向くと、子供っぽい白パンツを長い脚から抜き取って、恐ろしく真っ赤になった顔でその布地をボクに差し出した。もう完全にヘンタイ丸出しのセクハラ教師と化したボクは、夢中になってそのパソツの匂いをクンクンかぐと、恭子さんを叱りつける。やっぱり、おもらししたみたいになってるじゃないか、恭子。ううむ嫌らしい女の子のニオイがするぞ。でも、少しおしっこ臭いニオイもする。ヤだ、せんせぇ。

は数分後に射精した-

ペニスはどんどん萎れてしまい

射精したことを守は恥じていた

可憐な唇に包まれて、リキの男根がヒクリと動く。視界を奪われても、リキには、それが何であるのか、容易にわかるのだ。テクニックは遙かに上達していても、愛する妻の唇の感触を間違えるはずがなかった。おい、これ見ろよ。おお、こいつら俺たちの目の前でやってやがる。恥知らずなオンナだ。しかし、愛する二人の接触は、あっという間に発見され、物笑いとなる。この下着

奴隷となっていくのです

大陰唇の周囲には淡い産毛のような陰りがあるだけでチンポなら、何でも良いんじゃねえか、このオンナ。こいつも、女房がやれてるのに、よく立つよな。マゾなんじゃねえの。あれか、寝取られマゾってやつか。ハハハ、夫婦して、ドヘンタイってことか。それを見て、家元は、ニヤリと悪魔の微笑みを浮かべている。もちろん、目の前のイヤらしい光景が男の肉体に影響を与えているはずではある。
その感覚は背中の中心から頭と下半身に同時に走ってい静香は舌先を守の舌に絡めていっ

乳首を筆でくすぐり始めたのに合わせ

薄茶色の乳首をペロペロと舐めた
だが、お清めの煙が理性を曇らせていることをちゃんと知っている。おまけに、地下牢で、勃起薬を、たっぷりと飲み込ませておいたのだ。男達の嗜虐心を満た。すために、仕掛けは手を抜いてない。牧野と同じ手口で脅されたリキは、リキのような精力たっぷりの男が、黙って、常人の5倍以上の量を飲み込んでいたのだ。そんなモノを飲んでしまったら、僅かなきっかけで、キリキリと音がしそうな程、硬く張り詰めるのも、いわば当然のことだった。

クリトリスが一向に落ち着いてくれない

ペニスを石鹸の濃い泡に包んでねっとりと洗った
もちろん、男達は、それを知らない。ヘンタイ、とはやし立て、自分の肉体を凌駕する男に対して、優越感を得る格好のネタになるのだった。しかし、辱めながらも、男達の目は複雑のは確かだ。これだけの肉体美に、男は本能的に引け目を感じるものだ。相手を見下せるのは楽しいのかもしれない。だからこそ、筋肉男も、ま、こうやって、ことさらに、意外に、こっちは普通か。並の上、反り返ったリキの男根は、カリ太と呼ばれる、ってとこか。

素人ではないのだ

そこから垂れる体液が下着との間で透明な糸を引いていEも下も全て晒した遙香は
たくましく、そそり立っている。その形と大きさは、男達に密かな劣等感を覚えさせる程だったが、もちろん、それを認める男達ではない。貶めることこそが、自分の優越を確かめる、もっとも確かな方法なのだ。男達の声が聞こえるのか、聞こえぬのか。亜由美は、リキのモノを喉まで受け入れながら尻を立て続けにヒクヒクさせる。またもや、オーガズムに貫かれていた。はぐつぐつ、むぐう!よし、良いぞ、そのまま、出すぞ。ああ、出して、出してください、だしてえ、あなたあーああ、いい、いいのぉ!一度、リキのモノを口から離して、しつけ通り、叫んだ。

膣穴の方にずらしていって結合させた

パンパンと、尻にぶつかる音を立てながら、男の腰が打ち付けられて、フェニッシュを迎えけいれんする牝芯の中で、夫にすがりつくようにして、他人の精液が子宮を満たしていく。ヒクヒクとオーガズムに上り詰めたままの亜由美には、快感だけが頭にあるだけだった。息をつくヒマもない。尻を突き出した亜由美の後ろ。素早く、男が交代する。男は、たっぷりと注ぎ込んでいた。ああ!次々と男に乗られてしまえば、前のオーガズムの余韻から降りられないのは、亜由美も和花と同じだ。