処女をいただいてるんだから

光太郎さえ帰ればゆっくりセックスでき学芸会の前の時のように

マンコから潮吹いてるぜところで、お前そんなエロ水着でデートしてたのかよ。とんだスケベ女だ。それで田岡のやつとヤリまくった、と。どうだ、図星だろう?後頭部を先生の手に押さえ付けられてせっせと口を使っている私は返答出来ませんでしたが、見られてたのかと思うくらい、その言葉は正確でし。お前の考える事なんざ、とっくにお見通しなんだよ、バーカ。俺に何度も中出しされたお前のマンコは、もう他の男のチンポじゃ絶対満足しねえ。
まだ妊娠したことのない人妻が

乳首である

オラッ!たっぷり飲んで反省しろ。私はただ町田先生の手の内で踊らされてただけだったんです。それを知らされてると、絶望を通り越して諦めの心境に陥り、口中に発射された精子をゴクリと飲み下すと、今度こそ抗い難いこの男のチ示への隷属意識がハッキリと芽生えて来たのを感じました。もう駄目。す、ああ、私、本当に町田先生のチンポに支配されちやうのね…うああ、素敵だわ、ま、又イッチャウウッツ!でもまだ町田先生のお仕置きは始まったばかりだったんです。付いて来い。極めまくってほとんど失神寸前だった私ですが、先生がそう言って歩き始めると、操り人形の辛さでどうしても後を追ってしまいます。誰もいないとは言え、夜の校舎に入り込み神聖な学舎を半裸で行く恥ずかしさと罪悪感で私はもう生きた心地もしませんでした。子宮奥を突かれて果てたので

のペニスはすでに勃起していた


そしてたどり着いたのは校舎の屋上でした。とても広くて、普段はお弁当を食べたりおしゃべりの話を咲かせる生徒達の憩いの場ですが、月明かりの中不気味に静まり帰った。今はもちろん無人です。全部脱いで、そこに座れ。な、何をされるんですか、こんな所で私は極小水着まで脱ぎ捨てながら、凄まじい不安を口にせずにはいられません。言葉自体は操られてはいないんです。でも町田先生が低い声で言うと、質問に対してウソを吐く権利は与えられてはいませんでした。千寿、お前昨日俺の女になると言ったのはウソだな?
お尻に男は水をかけ

いきり勃ったペニスをじかに下腹部に感じているからだろう

いいぞ必死に舌を使ったけれどもペニスから口を離さず
ウソでした。俺を欺して油断させ、田岡とセックスし中出しされて、解毒した気になってたんだろ?そうだな?はい、そうです。面白えやつに未練なんか持たねえように、完璧に寝取ってやるからな。全裸になった私は町田先生の尋問に正直な答を返してしまい、酷い言葉に抵抗を口にするのがやっとでした。ハッキリ彼から引き離されると言われた私は、シクシク泣き始めてしまいます。お前の体はもう俺の物だ。俺のチンポじゃないとイケねえし、他の男に中出しされても解毒出来やしねえ。
今のセックスをもっとスリリングにしたいと願わせているのだ

キムはさらに親指でクリトリスを擦りながら

そんなのウソですっ!往生際が悪いな。本当の事を教えてやろう。俺が許さない限り解毒は出来ねえんだよ。だから菜穂は解毒出来たんだ。つまり、お前は一生俺の女っつうわけだ。そんな…お願いです、許して下さい。もう、いいだろう。コイツをくわえなそこで先生が突き付けて来た物を見て、ハッと息を飲んでしまいました。それは黒革ベルトに取り付けられた男性器型の道具。
ザーメンを発射された

こうして射精したところを写真に撮られたんですよね

乳首をつねったり
先生は小型のペットボトルを出して、中のローショ。のような半透明の液体を振り掛けるとソレを私の口に押し込んで来ます。するといくら嫌がっても逆らえない私の口は、咽奥に当たるまでズッポリとおぞましい道具を頬張ってしまい例の薬の匂いが脳髄を痺れさせ思考能力を奪っていくようでした。俺のチンポで象ってやったから、うめぇだろう。しっかり味わえ。後頭部に回したストラップで固定されると口が利けなくなり、先生はさらにとんでもない命令を下しました。

ペニスをなおも離そうとせず

処女をこんな卑劣な男性に奪われてしまうくらいなら

娘の前で犯されるのが刺激となってますます燃えてしまうのだろう、これぞ母娘丼の醍醐味である。こうして麻里があっと言う間に5回を超える絶頂を晒して白目を剥いてしまったのを見ると、俺はペニスを引き抜いてベッドの上に大の字拘束で待つありささんに迫っていった。ありさちゃん、エッチする前にちんちんをしゃぶってキレイにするのは女の子の礼儀や。お母ちゃんのくっさいマン汁がこびり付いとるさかい、しっかりナメナメせなあかんで。俺がそんな事を言いながら、麻里の吐き出した粘液がネットリと糸を引いているチンポを顔に突き付けると、目を反らすなと言う命令を健気に守ろうとしているありささんは、懸命にそのおぞましい肉塊を見つめてしまう。セックスに成功する事が出来たのだから

かわりに脱いだばかりの自分の下着を押し込んでおく

乳首をじっと見ていたそのいじらしさに俺は興奮し、さっき麻里を歓ばせてやった時には全く動じなかった肉棒がビクビクと脈動を激しくして、猛烈な射精欲求がこみ上げて来るのを感じていた。-オクチの中にたんまり出したるからな。ゴックンするんやで、ゴッ。ペニスギャグを外して促すと、大人しく今まで口の中を占拠していた。のと同じ形だが、熱い血潮が通う俺の生身のペニスをズッポリとくわえ込んでいくありささん。アナルで極めてしまった女性はめっきり色っぽくなるものだが、前より先に後穴の歓びを知ってしまった彼女も例外でなくその熱っぽく喘いでいる表情は幼い中学生のものでなく、大人びた妖艶ささえ漂わせていた。
ペニスをなおも離そうとせず

もちろんザーメンも呑んでくれますよ

両手で隠している股間の器官をさらに膨張させた
性行為直後で母親の体液が付着した男性器をくわえる。と言う破廉恥極まりない行為なのに、ありささんは諦めたと言うより、かすかに嬉しそうに表情を緩めながら喉奥に当たるまで汚れた肉棒を頬張っていく。この従順さからすると、精液を出して命令すれば頑張って飲んでくれるに違いない。ーな、何やコレお母ちゃんより、全然気持ちがええやんかテクも何もあったもんじゃない麻里と同様、いやそれ以上に何も知らずただくわえただけのありささんの口なのに、無垢な中学生にしゃぶられていると思っただけで俺は信じられないくらい心地良く感じて驚く。その上彼女はキレイにしろ、と言う要求を飲み込んで、たどたどしくもおしゃぶりを始めてしまったのである。

挿入されているユキュキの性器に出し入れされる紺野の太いものが

拘束できる梁のあるSMホテルをいつも使ったので
まさかこんな子が、と仰天した俺はいきなりヤバくなってうろたえてしまい、照れ隠しもあって床でグッタリしている麻里を呼んだ。お、お母ちゃん!ベッドに上がって、娘のアソコを慰めたれや。クリを舐めたりまんこをクチュクチュしたりするんや。バージンを破るんやないで。縄緊縛の残るやや不自由な体でフラフラとベッドに上がった麻里が、大の字に固定された股間に陣取って顔を埋めいたぶりを始めると、ありささんは俺のペニスで塞がれた口元からハッキリと悩ましいよがり声を吹きこぼす。アナルに埋まったローターのアブない快感に悶々としているありささんだから、相手が実の母親でヘタクソな愛撫であってもビンビンに感じてしまうようだ。

早めに射精してしまい

セックスの時には必ずワタクシが喪服を着て主人を興奮させてあげるのです
いや、絶対に感じてはならない状況は、マゾ娘のありささんにとっては却って刺激的で、興奮し乱れてしまうのかも知れない。ともあれ俺ももう自制せず尻穴の力を緩めると、込み上げる欲求を解放して、小ぶりな女子中学生の口には無理なくらい大量に射精してやった。はい、ゴックン。一滴もこぼすんやないで!ムウっ!よしよし、ええ子や。お母ちゃんより、よっぽどしつけが出来とるで。俺はつい本音を洩らしてありささんを褒めてやる。

お尻を高く上げた私の

何の遠慮もなくぁりったけドッサリ出してやったから、むせて吐き出してしまうと予想した。のに反し、彼女は頑張って踏ん張ると、本当にゴックンと喉を鳴らして死ぬほど不味い筈の精液を飲み下してしまったのだ。自分を引き合いに出され麻里まで声を掛ける。会長さんのモノをキレイにしてさしあげるのよ。欲しい欲しいオマンコに、ブスッと注射したるからな。

オーガズムの余韻はその後

一本のペニスとなってしまっている自分の性技に満足した様子で

フェラチオを続けることが肛門に舌をグニュッと突っ込まれると校長先生は就職の面接で私を一目見た瞬間、そんなことを思われたのだそうです。まさかそんな淫らな目で観察されていただなんて、緊張していた。私にわかるはずはありませんでした。そして娘を半ば強引に入学させようとした理由もまりあも又、私に負けない色白なのです。ご主人にはいくら感謝してもし切れませんな。主人のことは、言わないで…。あなたのこんな姿をお見せ出来ないのが、本当に残念です。
チンポをくわえたのに

お尻を触られて

校長先生が、裸体の秘め所に3匹の青い蝶。を止まらせた私を眺めてそぅおっしゃると、デジカメで写真を撮影されました。ごらんなさい。これが私改めて。に止まられた自分の裸を見るのは初めてでした。校長先生がおっしゃる通り、デジカメの画面に映ったやたらと白い肌に止まった3匹の青い。は、見事なアクセサリーとして見栄えがして、その淫らな美しさに当人でさえゴクリと唾を呑み込んでしまいました。では、服を着て下さい。今日は下着を着けないのですよ。後まで勝手に指を使ってはなりません。もちろん放課。尻もっとも

彼女の乳首まで見てしまったのだ


昨日言ったこと、良いお返事をお待ちしておりますよ。ああ…。ふと気付けば掛け時計の目盛りが始業に近付いていました。私は黒いスツを着込んでいきましたが、下着の替わりに止まったままの3匹の。のバイブレ-ショ。が衣服に当たると強まってしまい、甘い吐息を洩らしてしまっていました。んああ:た、たまらない…私は午後の授業中、刻一刻と耐え難くなって来る体の疼きに耐え兼ねて懊悩し、流暢な英語が詰まってしまいました。
バイブはまだ全然元気に動いているではありませんか

肛門からは

ペニスの海綿体にそんな狂おしい快感が生じることはひとり遊びで知ってはいたが
さっそく生徒たちが何事かと心配してくれましたが、私はもちろんこの優秀な女の子たちに絶対体の異変を悟らせるわけにはいきません。しかし色素が薄く真っ白な私の顔は熱っぽく朱に染まり、目は潤み小鼻が膨らんで物凄く嫌らしいメスの表情を晒しているであろうと思うと、気が気ではありませんでした。ハアハアと密かに吐息を荒げてしまい、発する言葉が慄えてぎこちなくなってしまうのも、もうどうしようもありません。ああ、お乳が浮力募る欲情を堪え切れず、胸部をブルンと揺さぶってしまうと、淫らな。のバイブレーションが一瞬強まって心地良い電流に両乳首をズンと貫かれました。11ヒィッウッと目を閉じ、陶然と表情を緩めて天を仰ぎ天国に到達してしまいそうな醜態を晒してしまった私。
アナルまで垂れてるよ

両手で乳房を揉みながら乳首を舌でこねまわしたり口に含んで吸いたてたりした

どれだけの生徒がそのわずかな一瞬に気付いてしまったことでしょう。すぐに誤魔化そうとを続けた。私ですが、大人しく優秀な女生徒たちを前におぞましい興奮はますます募り、体内で燃えさかる淫情の炎は耐え難くなる一方でした。生徒を指名して時間を稼ぎ、淫らに堕ちようとしている体を立て直そうとした私。その生徒がたどたどしく答えている内容は、耳に入ってもほとんど頭には入っていませんでした03点の。花の種。に止まった淫蝶がジーッと心地良い振動を間断なく送り込んで来て、授業中だと言うのに私を天国へと誘うのです。
えろえろ画像~愛撫が始まるとうっとりとした表情を浮かべはじめてしまいます~

そこにずるーりと太い肉棒が入り込んでくる

妻に他人とセックスさせる
ですがこの淫蝶たちがいなければ、私の体を途方もない欲情に駆り立てる。媚薬クリームによる強烈な疼きを我慢することは出来なかったでしょう。今日も休憩時間毎に駆け込んだトイレで、何度指を使って慰めようと思ったか知れません。とても羞ずかしいのですがオシッコをしてしまうと、排泄の快感とないまぜに素晴らしい性的快感も覚えてしまい、下手をするとイッテしまいそうでした。そしてその水流の掛かったプラスチック製の青い蝶も、濡れまみれた部分も後始末することは許されていないのです。

男根様に頬ずりするように奉仕するのもいいが

股間の花がすべて取りのけられていた

アナルの指が抜かれたかと思うとあり得ない感触が襲い粘膜で硬い器具の感触を感じはするが、決して痛くはない。顔を起こして肛門鏡挿入の様子を見ようとする。勿論角度からいって貢からは見えない。挿入している優子と眼が合って、恥ずかしさのあまりすぐ眼をそらした。優子は肛門鏡を挿入すると、ソアッ!ドルを握った手をゆるめた。貢のアヌスがポッカリと口を開いた。左右のハ。
肉奴隷の誓い

男根を味わいながら自分から進んで腰を沈め

ドルの間のバネの力で、挿入されていた先端が元の開いた状態に戻ったのだ。肛門鏡はそうやって肛門を開く器具なのである。思わず括約筋に力が入るが、肛門鏡に弾き返された。ああっ、こんなのってぇ…。貢は自分の意志でアヌスを閉じることのできない無力感に苛まれた。同時に曖昧な快感に見舞われている。それが志摩子の狙いだったのかと悔しい気持ちの貢は志摩子に視線を向けた。乳首の先端に付けられたものに麻衣が持つチェーンが繋がれているため

元々セックスに淡白なのではなく性的な素質はかなりあって


彼女はどうしたのと聞くような眉をちょっとしげる仕種をした。ポッカリ開きましたね。優子が志摩子に言う。うふっ、貢クンのくら-い洞穴が見えてるわよ。貢は万里に言われたくない表現をされた。羞恥のあまり声も出ない。女医やナースだけでなく、今や女子学生にまで、暗いアナルの洞穴を開いびつかれてしまった。
尻を押さえて倒れ込んだ瞬間だった

チンチンしゃぶること考えるだけで

彼女は毛が生えてはいるがまだ包皮をかぶったままのペニスが
貢を見る眼は皆同じで、辱めと見下す意味での歪な優しさを感じさせた。志摩子は先がわずかにカーブした鉗子を万里に渡した。顎でヒョイと肛門鏡で開いた貢の洞穴を差して、やれと言う。学生に経験させる形でやらせ、検査と治療を学ばせるのは志摩子の役目である。勿論貢を器具でいやらしくいじめるためでもあった。
バキュームフェラ

痴漢達に手渡された紙袋に入れようとして

ぅぁ、そんな鉄の棒でするのぉ?貢はキラリと光る金属の鉗子を目の当たリにして声が上ずってしまう。大丈夫…。志摩子は一言言って、いい加減な笑みを見せるだけだった。鉗子を受け取った万里は顔に緊張の色を浮かべつつも、貢の体内へ挿入していった。ひぃ、お、奥にきてるぅ!貢は息を呑み、総身を震わせた。子の先端が押し当てられている。前立腺の近くの直腸壁に冷たく硬い鉗腹筋に力を入れる。
ペニスに舌先を伸ばした

しかも秘穴とアナルにはバイブレーターが押しこまれているのだ

オナニーに興じていた彼女は
アナルは肛門鏡で開いたまま、まったく閉じることはできない。そのもどかしさ。金属鉗子が侵入してきたおぞましさは新た。な不安感を起こさせる。だが、反対にマゾ的な期待感も芽生えてくる。鉗子が十分深く挿入されると、志摩子が万里に代わった。さあ、前立腺マッサージで、溜まってる精液をすべて射精させて採取しますからね。

人妻の肉体だ

持っている人妻の色気にも酔っていたのかもしれない

今から精液を採取します。前立腺に菌が入っていないか、白血球の数を調べるのょ。肛門に指をズブッと入れて、ペニスに動きを響かせて射精させる前立腺マッサージを行います。またそんなふうに…もう恥ずかしい説明はやめて下さい。貢は休む間もなく、恐れていた精液採取の開始を告げられた。痴女医のあからさまな言葉でチェリーボーイの恥じらう心理を突かれ、思わず気弱になる。
その前にオッパイを……

ペニスを前へ突き出した

ダメ、言うわよ。検査内容はちゃんとーンフォームドコンセントが必要だ。から、じっくり教えるわ。うふふ。前立腺は男の子の生殖器よ。生殖器はペニスと睾丸だけだと思ってない?栗の実のような形の前立腺が、膀胱の出口で尿道を取り巻いてるわ。とっても感じるちょっと硬いお肉よ。想像できる?貢はそんなことを問われても、言葉を失って答える気力はなかった。力なく首を振るだけだ。沙貴は逆に志摩子の言葉で煽られたようで、貢の乳首を指でいじり、耳元に口を寄せてふっと息を吐きかけた。

 

膣に埋まった人さし指がくねりはじめる


オ子宮が存在を誇示しているかのような快感

乳首が感じて肩に震えをきたし、耳が感じるなんて考えもしなかった貢の身体にゾクッと悪寒が走った。検診台の正面に座っている志摩子は両手を伸ばして、大きく開いた貢の太腿を手の平でぺたりと触った。前立腺では貢クンの精液の111分の1を占める前立腺液がつくられているのよ。グリグリ刺激すると、その熱い液がオチンチンから、じゅっと出てくるわ。じゅるっと…医師とは思えない卑猥な説明の仕方をした。
どんなに強がっても少年は女のどちらが奴隷なのかわからない

粘った体液が指の周りから噴き出して指に抜き挿しを加えて子宮の奥壁を押しこねていく眼を合わせてきて、やだぁ。貢の睫の長いイノセントな瞳が涙で潤んできた。前立腺液は、精子が尻尾振って運動するために必要な栄養液なの。志摩子は陰嚢表面を爪で掻いて刺激しながら、貢の顔をまじまじと見てくる。貢はそんな女医の卑猥な視線に耐えられず、顔を背けた。ちゃんとこっち見て、聞いてなさい。前立腺の構造は内腺と外腺に分かれてて、内腺の中心を尿道が通っています。
セックスの相手をさせられていたらしい
セックスの相手をさせられていたらしい

七重が荻野の前にひざまずいてフェラチオしているのだ

処女を突き破られる私が専門知識で翻弄され、検査と治療を納得させられる。貢はへこたれるような声を漏らした。正面から眼を離さず見てくる女医の眼差しが辛い。指の挿入を拒否したい衝動から無意識的にアヌスをすぼめた。その収縮の力を志摩子の指がついにやぶった。指が、アヌス内部に挿入された。アンソツ!ゴム手袋をはめた手の中中指は、やや太い第二関節まで入ってきた。
マンコにパッキパキの

太いオチンチンですぅ

初めて腸壁にグリリと指がねじ込まれて、異物感と鋭い快感、侵入される情けなさに翻弄された。肛門を締めない。息を静かに吸ってぇ、力を抜いてぇ…志摩子は誘導しながら、指を入れていく。アナルから背筋へと伝わっていく刺激で、貢はまた反射的に括約筋を締めてしまう。キュッと締まってくるわね。まあいいわ。いくらアヌスを絞り込んでも、前立腺を刺激できるから。貢は指の挿入による快感と志摩子の言葉に触発され、何度か括約筋を収縮させた。

処女をおれたちみたいな男が踏みにじってくれると期待していたのにさ

ペニスの快感は一向におさまる気配がなかった

くんくんぺろ…女の子のアソコの味がするそれだけで私は自分のアソコを濡らしていた

口の中も指で触られます。それに、おまえら卑怯だし。こっちが縛られて目隠しされたら、…。にいたのに、手を伸ばすなんてマッサージ機が押しつけられます。剥き出しの乳首。ぐええ!終わりが見そういうこそれも痛い。SMってマジに痛い。痛いばっかり。それに、えません。同好会の連中って、私の中に射精するでしょうか。としないとしたら、どこが終わりなんでしょう。
調教用の特殊な形の

かすかにたかしの指がお尻に入ろうとするのを手でのけていた

へえ、すごい仕掛けだなぁ文化祭がはじまって、この教室にもお客さんが来ます。いかにもつまらない表向きの展示を見てすぐ出て行ってしまいます。幕の間を抜けて、私のところへ来ます。ぐわぁー。菜津希。おまえって、残念なやつだよね。ホント、とうとう見世物だぜ。なにかの間違いで入ってしまった人たちは、開人やSM同好会の連中、そして男子陸上部の連中が誘った人たちは音楽がうるさいので、乳首を乱暴につねられて、引っ張られます。誰だかわからない男子にバカにされます。ぐりぐりとおまんこを触られます。話し声はほとんど聞こえません。

 

ペニスをおしゃぶりしながら

マッサージ機のせいで、ブルマーがぐっしょり濡れてしまっています。ハサミでそれが切り取られていきます。おれ、欲しい!そんな声も聞こえます。彼らがなにをどんな風に話しているのかは途切れ途切れでしか聞こえましだいに人が増えて、この狭い場所に十人ぐらい集まっている感じがし開人が宣言します。せんが全員が机の上の道具を眺めて、手に取ったりしているのです。ています。じゃ、みんなで、菜津希をいじめよう!二人、ひと責めで、とりあえず一巡してください。
男根様六--六膣口から溢れてくる愛液をすすり舐めたなにをしてもいいのかよ。なにをしてもいいんですよ。こいつ、オモチャですから!酷すぎる。最初の男は、男性器を模したオモチャを、開いたままの口に突っ込み唾液をたっぷりなすりつけ、時々喉の奥をついて苦しめたあと、性器に押しつけました。ニヤニヤと笑いながら、そこに差し込んでくる光景を想像してしまいます。あわああ。こういうのが、大好きなんだろ。先端が入ったあと、いっきにズドンと押し込んできました。-ぐぐっ!どうなんだよ、好きで好きでしょうがないんだろ。

    1. ペニスは痒み快感ではち切れそうなほど
    1. 肛門までの全容がさらけ出されていた
    1. 股間を手で撫でると

セックスをねだってしまったのだ

乱暴に器具を出し入れ。とても乱暴なので痛いばかりです。それを入れたまま、次の人に交替。やっぱこれでしょ。お尻の穴に浣腸器。それはいや。慣れたと思われるかもしれないけど、学校でこの場でなん指でお尻にヌルヌルしたローションを塗られます。感じちゃってるみたいだよね。ふうううん。前後を同時に責められると、どうしても輪姦を思い出して熱くなってきます。スイッチが入ったように、全身にこみあげてくる。
クリトリスの先端から下腹部の奥深くに向かって甘痒い痺れが走り抜けていく
股間を竹刀で思いきりぶちのめされました

乳首を責める

もっとメチャクチャにしてほしい。という気持ち。そのせいか、ついさっきまで痛くて怖くてしょうがなかったのに、気持ちがスッと遠ざかっていきます。そのなかなか薬は入ですが、突き刺した浣腸器でお尻をぐねぐねしながら、れません。好きなんだな、こいつ。悦ばせてどうするんだよ。と開人の声。乳首を尖らせていきます。別の人が、片手で乳房をいじりまわし、ホントだ。ビンビンになってやがる。

ザーメンを飲む事が出来ず

康介は身体を硬直させながら見瑞穂はやや大きめのタオルでバストから股間を覆っていた

金男の手が剥き出しのお尻を撫でて、指が股間に入り込みます。しっかり吊革につかまっていないとだめよ。シェリーに言われて、両手で吊革につかまります。金男の指はお尻の中の器具をつまんで、ゆさぶりはじめました。電車の振動、揺れと彼の刺激で、わたしはまたしても、熱くなっています。ただの色狂いってことになるわね。周囲の乗客たちが聞き耳を立てているのは明らかです。
まだ妊娠したことのない人妻が

女子高生みたいなロリっぽい白の木綿ベンツをずらして美沙さんの指が大事な箇所に潜り

この写真、なわみで検索するとすぐ見つかるのよ。言葉も出ません。もう引き返せない…。はああ。とまたしても、切ない声が出てしまいます。恥ずかしいわよ、電車の中ででも、でも…。金男の指が激しく股間から突き出ている貞操具を揺すっているのです。立っているのも困難で、なんとか吊革にしがみついている感じ。

 

バイブのスイッチを入れてくれたのでした


騎乗位開始

前の席に座っていた男性が、嫌悪の表情で立ち上がりました。ほら、怒られたわよ。とシェリーがそこに座ります。そして、コートの上から乳房を掴みました。少し大きくなったんじゃないの?モデルの頃よりはなってるんだわ。きっと、大勢の人に揉まれて大きく露骨な言葉に、周囲にどんどん空間ができています。はぁああんんん身をよじりながら、恥ずかしさと悔しさの中で、快楽に浸っているのですから、たしかに浅ましい限りです。
動けないようにされてエッチなことをされる

出っ腹の下の肉棒はもう半勃ちやっと自宅近くの駅に到着して、改札を抜けたのですが、リと挟むようにして歩きます。ねえ、シェリー、どうして一緒に来るの?あら、哲次さんに招待されたのよ。そうよね、哲次さん。シェリーと哲次はわたしをピッタ馴れ馴れしいシェリー。わたしの記憶をどうひっくり返しても、哲次とシェリーの接点はありません。わたしと出会った頃の哲次は、仕事柄、多数のモデルやコンパニオンと接点があったと思います。
これでは単にオナニーの道具にされているようなものだ
これでは単にオナニーの道具にされているようなものだ

ツンと尖った乳首を硬くさせながら

拘束されている時が番可愛いよお嬢ちゃんでも、そこにシェリーはいません。もし接点があるとすれば、結婚式ぐらいでしょうか。シェリーはわたしたちの結婚式に読者モデル時代の友人たちと一緒に来てくれました。深夜の住宅地マンションにようやく着きました。エレベーターで四人。それはわたしにとっては、とても異様な感じです。電車の中で感じまくりやがって。と金男が言います。
お尻の 穴を丸出しにしてのバック

アナルに指がブスリと突き立てられた

あら、奥様、恥ずかしいわ。とシェリ。こいつに恥ずかしさなんてないんだよ。丿1夫の、”D葉は厳しいものでした。こいつ。と照れて言うことはあったと思います。だけど、今日はそうではなく、本気で蔑んでいる響きがありました。でも、いい宣伝になったぜ。これでなわみの会員が増えてくれればいいわけだ。近くにいた野郎とか、顔じゃ嫌そうにしていたけど、ズボンがパンパンに突っ張ってたからな。

お尻に入れた指をしゃぶります